News

EWS通信2019年6月号をお送りします

EWS通信6月号をおおくりします。

2019年も半年目に入りました。令和元年の5月は、猛暑に悩まされ、体調も

乱れがちです。5月は、まだ湿度が低く、高温もやり過ごすことができました。

6月は、いよいよ湿度が高くなります。夏の気候を健康に過ごしたいものです。

.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《目次》

1.群馬県上野村「森のギャラリー」展覧会開催中!

. EWS登山講座「九州・九重山」報告

3.新年度会費納入のお願い

4.編集後記

─────────────────────────────────

▼・・・・・・・・・・・≪1.写真展「地球讃歌」開催中!≫・・・・・・・・・

─────────────────────────────────

群馬県上野村の森のギャラリーで今年2回目の写真展が開催中です。

少し遠いですが、そこは豊かな自然が残り、ゆったりとした時が流れる桃源郷。

ぜひ足を運んでください。6月いっぱいです。

─────────────────────────────────

・・・・・≪ 2.EWS登山講座「九州九重山と国東半島」報告 ≫・・・・・

─────────────────────────────────

今年の登山講座の第二回目は、九州の名峰・九重山と日本三大修験場である

英彦山で行われました。参加者は会員4名と少人数でしたが、立命館アジア太

平洋大学にネパール・ドルポから留学中のソナム・ドマさんが参加、にぎやかで

楽しい山行となりました。九重山はあいにく曇り空で時折小雨という天気でしたが、

ミヤマキリシマが咲き誇っていました。英彦山は新緑の自然林の中、石の階段を

厳かな気持ちで登りました。耶馬渓の一目八景や羅漢寺を散策、宇佐神宮に

参拝。国東半島を縦断し(車ですが)双子寺を見て帰路に就きました。

登山も国東半島の旅も、充実したEWS研修旅行となりました

今後のEWS登山講座ですが、雨飾山、木曽駒ケ岳、笠間周辺の山、上野村での沢

登り、高尾山や奥多摩などでの日帰り登山を計画中です。

─────────────────────────────────

・・・・・・・・≪ 3.新年度会費納入のお願い ≫・・・・・・・・

─────────────────────────────────

2019年度の会費納入のご案内を発送させていただいております。当NPO

活動は会員皆様の会費とご寄付により支えられ、運営しております。会費納入

のお手続きを、よろしくお願いいたします。

 

─────────────────────────────────

・・・・・・・・・・・・・≪ 4. 編 集 後 記  ≫・・・・・・・・・・・・・

─────────────────────────────────

 吾輩は猫である、名前は「わはは」。先日、大きく報道されたので、ご存知の方も多

いだろうが、造血幹細胞の培養は高額な培養液を使ってもなかなか難しく、そのため

白血病などは骨髄移植が行われるのだが、のりの成分で培養可能なことが判明し

た。しかも、コンビニなどで売っている液体のりでも培養できたらしい。血液のガンなど

の患者にはまさに朗報で、ある研究者は「目からウロコ」と語っていた。ちなみにこの

「目からウロコが落ちる」という言葉の語源は新約聖書。キリスト教に反対していたあ

る人物が視力を失った時に、キリスト教徒の祈りで見えるようになり、キリスト教徒に

なってイエスの使徒になったとか。ちなみに、我が家の主は先日、白内障の手術をし

て「目からウロコが落ちた!」と叫んでいたニャン。(か)