News

EWS通信2019年5月号をお送りします

EWS通信5月号をおおくりします。

世は、令和と改まりました。昭和は遠くになりにけりの心境です。何時の時代も

一筋縄では過ごせませんが、昭和、平成とも異なる新時代の幕開けとなって

もらいたいものです。            M.K

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《目次》
1.群馬県上野村「森のギャラリー」展覧会開催中!
2.EWS登山講座「九州・九重山」参加者募集中
3.新年度会費納入のお願い
4.編集後記

─────────────────────────────────
▼・・・・・・・・・・・≪1.「ヒマラヤの世界」写真展開催中!≫・・・・・・・・・▼ 
────────────────────────────────
広大な天然林の中に色とりどりの花々が咲き誇る、群馬県上野村。現在、森のギャラ
リーで太田さんが長年撮り続けてきたヒマラヤの写真展(EWS協力)が開催されていま
す。太田さんは知る人ぞ知る、50年以上屋久島と関わってきた登山家です。グレート
・ヒマラヤの東から西までの名峰の数々をご覧ください。

太田五雄さん紹介

九州出身の登山家である太田五雄さんは、50年間にわたり屋久島の山と谷をくまなく歩き記

録に残した著名な方です。一方ではヒマラヤ、チベット、中央アジア、に魅せられ、海外の山を

数多く登られました。今回は、太田さんがこれまで撮影してきた、撮影した美しく勇壮なヒマラ

ヤの山々を紹介します。現在は小諸市在住。

─────────────────────────────────
▼・・・・・・・・≪ 2.EWS登山講座「九州九重山と国東半島探索 ≫・・・・・・・・▼ 
─────────────────────────────────
今年の登山講座の第二回目は、九州の九重山登山と、日本三大修験場である英彦
山登山をはじめ国東半島探索の旅を計画しました。九重連山は、ミヤマキリシマが咲
き誇る美しい季節です。また大分では、立命館アジア太平洋大学(APU)に入学したド
ルポ出身のソナム・ドマさんを訪問、激励します。

○期 間: 2019年6月7日(金)から10日(月)まで  (3泊4日)
〇日 程:
6月7日(金)羽田空港(ANA793 10:15発―大分空港(11:55着) 
       APUのソナム・ドマさんを訪問後    久住高原泊
8日(土)大分―牧ノ戸峠―九重山登山―大分市内
       牧ノ戸峠口から九重連山を往復し、大分市に。 大分市泊

9日(日)湯布院―国東半島

     国東半島探索①、英彦山登山       (未定)

10日(月) 国東半島―大分空港(ANA800 18:10発)―羽田空港(19:45着)

       国東半島探索②、大分空港から帰京。

〇予 算:     80,000円 (予定)

─────────────────────────────────
▼・・・・・・・・≪ 3.新年度会費納入のお願い ≫・・・・・・・・▼ 
─────────────────────────────────

平成31年度(2019年度)の会費納入のご案内を発送させていただいております。

当NPOの活動は会員皆様の会費とご寄付により支えられ、運営しております。

会費納入のお手続きを、よろしくお願いいたします。

─────────────────────────────────

▼・・・・・・・・・・・・・≪ 4. 編 集 後 記  ≫・・・・・・・・・・・・・▼ 

─────────────────────────────────
吾輩は猫である、名前は「わはは」。長い連休っても我が主にはあまり関係無いが
連休最終日だけ映画を見に出かけた。見たのは「名探偵PIKACHU」。子供じゃあるま
いしと思ったが字幕スーパー版は大人ばっかりだったらしい。とにかくピカチュウの動
きと表情にはまった主は、愛玩欲求最高潮!ピカチュウが眉間に皺を寄せて哀しい
顔をしたりするとメロメロ。帰りにぬいぐるみを買おうとしたら、一人前で売り切れ!帰
宅後すぐにアマゾンで買ってた。家では、バカ犬に向かって「ピカピカ~」を連発!
いい歳してどうしちゃったと思ったら、愛玩欲求は何も人間だけの特技ではなく、かつ
て人間と手話でコミュニケーションがとれるローランドゴリラのココ(米国)は、子猫が
が欲しいと伝え、与えてもらうと実際にかわいがり、猫が交通事故で亡くなると、それ
を手話で伝えられたココはオイオイ泣いたらしい。だが、この件は正式な論文になって
おらず、ココが泣く映像はテレビでも放映されたが、編集されているので、怪しむ声も
多いとか…いずれにしても、わが主は当初、バカ犬のゆきちゃんをピカチュウの
ように黄色に染めようかと考えていたようだが、それでは動物虐待になると気づき、
あきらめた。まったくもってアホ臭いにゃん!    (か)